好みの襟を選んでデザインをカスタマイズ!  

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革と、セミアニリン仕上げの革の比較

ナチュラル・フィニッシュ革とセミアニリン革の比較

ナチュラル・フィニッシュ仕上げとは

フィニッシュ仕上げとは顔料仕上げとも言われ、革専用の顔料を吹き付ける、もっともポピュラーな着色方法で仕上げられた革です。

 

革のコストを下げる方法として、革の表面を顔料で塗装したのち、革の模様がついた大きな金型でプレス処理を行い、表面の傷や模様のムラを隠すことがありますが、ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革はプレス処理を行っていない、革の自然な模様が残る仕上げです。

 

よってナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は、顔料を吹き付けたままの革の表面を極力残すので、表面が綺麗なAグレードの高品質な原皮でないとできません。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げ

※牛革

 

 

セミアニリン仕上げとは

アニリンとは革を染める染料のことです。

 

フルアニリンの革は染料だけで着色した革のことで、表面が顔料などで塗装されていない為、革本来のシワや模様がより深く残ります。

 

よってフルアニリンの革は必然的にAグレード以上の高品質な革にのみ可能な故、非常に高級感のある仕上げになりますが、革の表面がそのまま露出しているために傷や水に弱いというデメリットがあります。

 

セミアニリンの革とはアニリンで染めた後に、透明感のある特別な顔料を表面に薄く吹き付けることで、高級感のある見た目と傷や水に対する強度を持ち合わせた革になります。

 

その美観と強度を持ち合わせた特徴から、高級車の革張りシートや高級家具などにもよく使用されます。

 

セミアニリン仕上げ

※牛革

 

 

比較

※比較する二つの革は牛革で、仕上げも同じ色、艶、厚みです。

STARJIS LEATHER STUDIOの商品で仕様されるナチュラル・フィニッシュ仕上げの革も、セミアニリン仕上げの革も、どちらもAグレード以上の高品質な原皮を使用しております。

 

①艶と色の深み

こちらは全く同じ撮影環境で撮影した画像の比較です。

こちらは全く同じ撮影環境で撮影した画像の比較です。

二つの革は、艶も色も同じ仕上げです。

 

カメラの設定も、ストロボの向きや出力も全く同じですが、艶感や黒の見え方が違います。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は表面に吹き付けられた顔料の影響で光の反射が平坦ですが、セミアニリン仕上げの革は表面に残る革本来の様々な模様の影響で、艶に深みがあり、角度によって様々な光を反射します。

 

故にセミアニリン仕上げは非常に透明感のある艶にと共に、奥行き感のある色に仕上がります。

 

 

②柔らかさと触り心地

こちらは同じ範囲をそれぞれギュッと中央に寄せた画像です。

こちらは同じ範囲をそれぞれギュッと中央に寄せた画像です。

 

革はそれぞれ全く同じ柔らか加工を経ていますが、ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は表面に塗装面がある影響で、表面が若干ですがゴワゴワしています。

この質感は初めだけで数回着用すればすぐになくなります。

一方のセミアニリンは初めから非常にしなやかで、上の画像からも分かるように均等に革が中央に寄っています。

また触り心地もセミアニリン仕上げの革の方が吸い付き感があり、この触り心地が癖になる方が多いです。

 

画像では伝わりにくいですが、この柔らかさと触り心地の違いが一番大きいです。

革が大判になればなるほど、触った瞬間に違いが分かります。

 

 

③耐久性、経年変化

最後に耐久性と経年変化の比較です。

 

そもそも革の経年変化とは、革ジャンなどを着こむうちに体の動きに合わせてシワなどの癖が定着したり、肘や裾など外部と多く接触する箇所に「アタリ」と呼ばれる変化が表面に起こり、そこにメンテナンスのオイルや人の皮脂が染み込んで変色やテカりが生じることを言います。

 

そして経年変化は革の種類によって変化が変わってきます。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革とセミアニリン仕上げの革を、全く同じ条件で経年変化を比較するのは難しいですが、表面を段階的に研磨し、変化を比較してみます。

 

こちらは表面に変化が見られる手前まで、ヤスリで研磨した比較です。

 こちらは表面に変化が見られる手前まで、ヤスリで研磨した比較です。

ほぼ同じ研磨回数で磨きました。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革の方が表面の顔料の量が多いので、変化が少ないです。

 

これはナチュラル・フィニッシュ仕上げの方が、初期段階の傷に強いことを示しております。

 

さらに研磨回数を増やします。

はじめにナチュラル・フィニッシュ仕上げの革表面の色が剥がれるまで磨き、次に同じ回数だけセミアニリン仕上げの革を磨いてみます。

同じ回数だけセミアニリン仕上げの革を磨いてみます。

この段階で変化の違いがはっきりと現れました。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革と同じ回数だけセミアニリン仕上げの革を磨きましたが、ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革ほど表面が剥がれておりません。

 

セミアニリン仕上げの革は粘りがあり、研磨を繰り返してもなかなか表面が剥がれません。

 

セミアニリン仕上げの革の表面が剥がれるまで研磨してみます。

セミアニリン仕上げの革の表面が剥がれるまで研磨してみます。

けっこう力を入れて研磨してやっとセミアニリン仕上げの革表面が剥がれました。

 

実際に商品を長く着用していると、上記のような表面の剥がれが部分的に起こります。

 

ここで無色のメンテナンス用のオイルを少量塗ってみます。

ここで無色のメンテナンス用のオイルを少量塗ってみます。

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は、色は馴染んだものの表面が剥がれた後が目立ちます。

 

一方のセミアニリン仕上げの革は色が馴染むと同時に剥がれた跡も馴染んでおります。

 

セミアニリン仕上げの革はもともと表面の塗装が薄い為、表面が荒れてもオイルで馴染み易いのです。

 

ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は、表面が荒れると顔料が剥がれるため、オイルで馴染ませてもどうしても他の部分との違いが目立ってしまいます。

 

これらの違いは、セミアニリン仕上げの革の方が経年変化が綺麗に進み易いことを示しております。

 

また、耐久性に関しては、ナチュラル・フィニッシュ仕上げの革は初期の傷にこそ強いですが、中期以降の傷はセミアニリン仕上げの革の方が耐久性があります。

 

 

まとめ

①艶と色の深み

ナチュラル・フィニッシュ
光の反射や色味が均一。

セミアニリン
透明感のある自然な艶と奥行き感のある色。

②柔らかさと触り心地

ナチュラル・フィニッシュ
表面が若干ゴワつく(初めだけ)。

セミアニリン
初めからしなやかで、吸い付き感がある。

③耐久性、経年変化

ナチュラル・フィニッシュ
初期の傷に強いが、一度表面が剥がれると傷の進行が速い。
表面が荒れると他の部分との違いが目立つ。

セミアニリン
傷が早く現れるが進行が遅い。
表面が荒れても馴染易い。

 

繰り返しになりますが、STARJIS LEATHER STUDIOの商品で使用されるナチュラル・フィニッシュ仕上げの革も、セミアニリン仕上げの革も、どちらもAグレード以上の高品質な原皮を使用しております。

 

結果としてセミアニリンの方がメリットがある内容ですが、人の好みもあります。

 

ご注文時に革のサンプルをお送りいたしますので、実際に革を見て触ってみて、ご自分の理想に近い革をお選びください。

 

 

お支払い方法
  • クレジットカード
    クレジット会社
  • 銀行振込
送料・配送について
  • ■ 送料について
  • 送料は商品代金に含まれております。
  • ■ 発送について
  • 通常のお届け日数はご注文後4週間前後となります。
  • お届け時間帯を指定していただけます。
  • クロネコヤマト クロネコヤマト
返品について

お客様都合での返品は原則としてお受けできません、あらかじめご了承ください。万が一瑕疵があった場合、早急に修理または良品と交換の手配をさせていただきます。

お問い合わせ
  • ■ お問い合わせの際はこちらまでご連絡下さい
  • 株式会社スタージス
  • Tell : 048-971-7581
  • Mail : アドレス